節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻の緩やかブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

御朱印めぐり 京都 山科まとめて ~隋心院~

さて、山科に来たからには、他のお寺も行きたいということで、

隋心院へ。

 

醍醐寺を出発して醍醐道なる道を北上。

徒歩15分程度です。

 

隋心院門跡

もともとは仁海僧正の開祖のお寺でした。そのあと、堀川天皇より門跡の宣旨があり以後隋心院門跡と呼ばれており、非常に格式高いお寺です。

中でも平安初期に小野小町が晩年の余生を送った場所、ということでとても有名です。

 

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

 

小野小町といえば、平安時代に活躍した女流歌人で、絶世の美女とも言われています。

上記の和歌が百人一首に載せられていますが、六歌仙平安時代を代表する歌人6人)にも選ばれるほどの腕前でした。

 

そして、この和歌は隋心院にも歌碑として残されています。

そしてそして、なんといっても御朱印帳がとても素敵なのです。

 

f:id:traveljapankyoto:20180516110519j:plain

 

大きさは 縦15.5cm 横11.3cm 小ぶりサイズです。

透明ビニールカバーつき 1000円

御朱印帳」の文字は金色で印字されています。お上品。

 

さらに、裏表紙には、和歌と小町のイラストが。

御朱印は「曼荼羅殿」です。

開祖である仁海僧正の亡き母の死を悲しみ、牛の皮に両界曼荼羅を描き本尊にしたことにちなんでいます。

f:id:traveljapankyoto:20180516111027j:plain

 

 

 

隋心院は写経写仏体験などもあります。

また、小野梅園という梅園も例年3月ごろに見頃を迎えます。秋は紅葉も楽しめます。

 

是非、小野小町に会いに、隋心院まで足を運んでみてください。

 

< アクセス>

醍醐寺より徒歩15分

 

JR京都駅からは、「山科」乗り換えで地下鉄東西線「小野」駅 より 徒歩8分

JR京都~小野駅までは20分程度+徒歩

 

<拝観時間>

30分程度