節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻の緩やかブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

御朱印めぐり 東京 築地 

さて、銀座を出発しまして、次は築地に向かいます。

何気に日比谷線で一駅なのですね。メトロむずい。

そろそろ足が棒になってきたので、タクシーを使わせていただきました。

近距離なので恐る恐るでしたが、おっちゃんも快く乗せていただきました。

ワンメーター!410円!素敵!

 

最初に向かったのは、超有名な築地本願寺です。

1934年の再建 伊藤 忠太による建築です。

外観はインド風なのですが、中に入ると和の意匠が施されています。

インドの仏塔を模したとんがりがいっぱいありますね。

f:id:traveljapankyoto:20180620165101j:plain

さらに、狛犬も。。。

f:id:traveljapankyoto:20180620165040j:plain

どーーーーーん。ライオンです。。。

動物好きの伊藤 忠太による遊び心だとか。。。どないやねん

 

中は広い講堂のような建物で、格子天井があったり欄間に彫刻が施されていたり

など、コンクリート造ながら非常にきらびやかでした。

さて、参拝をすませ、御朱印、ですが、こちらには御朱印はありません。

親鸞上人の教えから御守、御朱印などは授与していません。

これは京都の東本願寺も同じですね。

 

そして、築地といえばもう一つ、築地波除神社です。

市場橋の交差点を築地場外市場方面へ曲がり、ずーーっといったつきあたりです。

 

f:id:traveljapankyoto:20180621180303j:plain

 江戸城建築に当たり、お堀の土で埋め立てが行われましたが、この築地だけは

築けども荒波によってさらわれてしまっていたのが、ある夜、海面から稲荷様

御神体が海面をさまよう姿がみられ、畏れ社殿を立てお祀りしたところ

ぴたりと収まったのが起源、といわれています。

それ以来、災難を除き波を除ける、波除稲荷神社として、災難除、厄除け、商売繁盛、工事安全などの御利益があると言われています。

 

また、その御神徳への信仰心から龍、虎、獅子を奉納し、担いで回る獅子祭りが行われています。こちらは獅子殿。青龍と白虎も御本殿に祀られています。

f:id:traveljapankyoto:20180621180249j:plain

 

また、築地市場という土地柄、生き物によって生業を立てることに感謝し、さまざまな業者の組合の方々によって塚が建てられています。

興味深いですね。

f:id:traveljapankyoto:20180621180449j:plain
f:id:traveljapankyoto:20180621180503j:plain
f:id:traveljapankyoto:20180621180715j:plain



参拝を済ませ、御朱印をいただきます。

通常と弁財天と2種類いただきました。

f:id:traveljapankyoto:20180621181030j:plain
f:id:traveljapankyoto:20180621181015j:plain


<アクセス>

築地本願寺へは 東京メトロ日比谷線 徒歩3分

波除神社へは 築地本願寺より徒歩5分

 

 <御朱印> 300円×2

<所要時間> 30分くらい

 

築地場外市場は食べ歩きやいろいろなお店があって楽しいです。

何時間でもいれるかもしれません。

 ただ、観光客の方がたくさんいましたので、土日は混雑を予想して行った方が

よろしいかと思います。

 

築地に行った際には波除神社も是非行ってみてください。

 

さて、最後は水天宮に向かいます。