節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻のブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

【御朱印巡り(東京)】水天宮

さて、次に来たのは、水天宮です。

築地からは日比谷線で、人形町駅まで15分くらい。

人形町駅からは徒歩5分くらいです。

他、半蔵門線 水天宮前駅というのもあります。

 

一見、ビルのようコンクリートの外壁に囲われており、どこが入り口か

これまたわからなかったのですが、位置的には、

人形町通りに面する形で入り口があります。

また、人形町通りの南角を曲がった南東側にも入り口があります。

どちらも、階段を上った上にあります。

f:id:traveljapankyoto:20180622160241j:plain

 階段を上がると、鳥居、

周囲をビルに囲われていて、都会って感じ。そして境内狭め。です。

 

f:id:traveljapankyoto:20180622155000j:plain

f:id:traveljapankyoto:20180622155417j:plain
f:id:traveljapankyoto:20180622155243j:plain

そして狛犬。この狛犬は子連れであります。

御本殿

f:id:traveljapankyoto:20180622155115j:plain

水天宮のご祭神は、天御中主大神、高天原と呼ばれる天の最も高い所に現れた神様であり、日本の神々の祖先神であり、安産や子授けなどが御神徳です。

江戸時代より、人々から厚い信仰を受け、妊婦や子宝祈願、お礼参りなど、

多くの参拝者が訪れます。

この日も長蛇の列、でした。

お宮参りや七五三のお参りなど、小さなお子さん連れの方も多かったです。

 

社殿には5つの鈴と5色の鈴紐がぶら下がっています。

その昔、古くなった鈴紐を腹帯として使用し、安産を祈願したことから、ご利益があるといわれています。

 

この真新しい社殿ですが、江戸鎮座200年を記念し再建が行われ、平成28年4月から新社殿になっています。

また、現代の建築技術も取り入れ、社殿など境内全体が免振構造となっています。

すごいですね。。。

 

こちらは子宝いぬ

周囲を取り巻く十二支のうち自分の干支を撫でると安産、子授け、無事成長など様々なご利益があるといわれています。多産でお産が軽い犬にあやかるということで、戌の日には、妊婦やその家族の方の参拝が多くなる、そうです。

f:id:traveljapankyoto:20180622155128j:plain

御祈祷受付、腹帯、御朱印などは御本殿と反対側の、ビルの中にある神札所でいただけます。

1階が御祈祷、安産御守である腹帯「御子守帯」などの受付となっています。

御朱印は2階に上がります。

f:id:traveljapankyoto:20180622155404j:plain

2階は休憩所やお手洗いなどがあります。

 

御朱印はたくさん、ありました。6つか7つぐらい。

その中から選ぶようになっています。

こちらの2つは江戸鎮座200年記念限定御朱印です。

f:id:traveljapankyoto:20180622155546j:plain
f:id:traveljapankyoto:20180622155532j:plain

御朱印 500円 ×2

(東京価格。。。。結構多いですね)

 

オリジナル朱印帳もありました。

 

今年は戌年です。

戌年、戌月、戌の日のお参りは大変縁起が良いそうです。

11月2日、14日、26日だそうです。

 

ぜひ一度、訪れてみてください!

 

というわけで、一日で新橋・烏森神社、銀座・歌舞伎稲荷、築地、水天宮と回りました

いろんなルートで立ち寄るのも楽しいですね。