節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻のブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

パタゴニア 「レトロ」シリーズの違い

最近、メルカリや古着サイトを見ていると、パタゴニア「レトロX」が高値で取引されております。インターネット情報によれば、「レトロX」流行っているんですね。会社から外に出ない生活なので、全然知りませんでした。サラリーマン、浦島太郎です。特に、ナチュラルカラーは人気で、入手困難な状況だとか。

 

確か私が大学生だった2000年代前半にも流行っており、なけなしのバイト代をはたいて購入し、得意げに通学していたので、感慨深いものがあります。久々に着てみようと思って、タンスをゴソゴソ・・・・ん??無い。残念。

 

新品は高いので、古着で購入しようとメルカリや古着サイトを見ていると、毛足が長いもの、短いもの、正面にポケットが有るもの、無いもの、色々あるんですね。

 

ということで、パタゴニア公式サイトやインターネットを駆使して、2000年以降の「レトロ」シリーズの違いを調べました(間違っているところがあるかもしれませんが、ご容赦ください)。

 

2000年以降の「レトロ」シリーズは、「「クラシック・レトロ・カーディガン(2000年から2005年まで製造)」、クラシック・レトロX・カーディガン(2012年から2014年まで製造)」、「クラシック・レトロX・ジャケット(1993年から製造)」、の3種類あることが分かりました。

 

私が学生時代に着ていたのは、2000年前半なので、「クラシック・レトロX」か「クラシック・レトロ・カーディガン」の可能性があり、今となってはどちらか分かりません。パタゴニアに相当詳しくないと、わからないですよね。

 

クラシック・レトロ・カーディガン

 ・2000年から2005年まで製造。

 ・毛足は13mm(公式情報がないため推測値)と、

  「クラシック・レトロX」より長く、ふかふか

   した見た目。

 ・防風性は無い。

・内側は吸湿発散性メッシュで、「クラシック・レトロX」と似ている。

 

クラシック・レトロX・カーディガン

 ・2012年から2014年に製造。

 ・毛足は13mmと、「クラシック・レトロX」よりも長く、

    ふかふかした見た目。

 ・中間層無し。

 ・内側は防風性ナイロン(つるっとした生地)。

 

クラシック・レトロX・ジャケット

 ・1993年から製造開始、現在も製造中。

 ・昔の名称は、レトロX・ジャケット。2006年から現名称。

 ・毛足は6mmと、上の二つよりも短い。

 ・中間層に防風バリアラミネート。

 ・内側は吸湿発散性メッシュ。

 ・9 0年代のモデルには正面にナイロンポケットがないもの有り。

 

比較表

以下の通り纏めてみました。

見た目はどれも似ていますが、「クラシック・レトロ・カーディガン」

は防風性がないので、古着購入する場合、ご注意ください。

品名 クラシック・レトロX・ジャケット クラシック・レトロX・カーディガン クラシック・レトロ・カーディガン
外側 シンチラ13オンス6mm厚 シンチラ11オンス13mm厚 13mm厚?
中間層 防風バリアラミネート 無?
内側 吸湿発散性メッシュ 防風性ナイロン
(つるっとした見た目)
吸湿発散性メッシュ
品番 23056(現行) 23060 23024
製造状況 製造中 終了 終了
製造期間 1993年~現在 2012年~2014年(FA12~FA14) 2000年~2005年 (FA00~FA05)
備考    

・レトロ・パイル・カーディガン

 の復刻
・レトロXに吸収