節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻のブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

古着のパタゴニア レトロXの販売時期を判定した

最近流行っている、パタゴニアの「クラシック・レトロX」を古着で購入いたしました。いやー懐かしいですね。大学生のとき(10年以上前)も流行っており、着ている人がたくさんいました。さて、今回購入したのは・・・

 

今回購入した「クラシック・レトロX」

これです。

f:id:traveljapankyoto:20180819113555j:plain

ブラウンのフリース生地に、ブルーのナイロンポケットです。約16,000円。古着でも結構高いですね。

 

f:id:traveljapankyoto:20180819113935j:plain内側は、グレーの吸湿発散性メッシュです。

サイズはメンズのXSです。私は176cmの痩せ型ですが、タイト目に着用しようとすると、ジャストサイズです。アメリカ人でかい。

日本サイズと全然違うので、始めて購入される方は、試着をお勧めします。

 

販売時期の判定

今回購入した際の商品説明では、「レトロX」とだけ記載され、販売時期の説明はございませんでした。まあ、古着だとよくありますよね。

しかし、パタゴニア公式サイトによれば、タグで販売時期を判定できるのです!!

 

www.patagonia.jp

【公式サイトに記載の判定手順】

  1. 製品の内側にあるタグの裏側を見ます。

  2. STY、STYLE、またはITEMからはじまる5桁の数字を探します。例: ITEM:55475SP12

  3. 55475が製品番号です。製品番号の後ろのS、SP、F、FAと数字はその製品が販売されたシーズンを表します。例: SP12はSpring 2012シーズンに販売された製品であることを意味します。
    ※ RN:51884は製品番号ではありません。

 

【購入したフリースの判定】

 タグの裏側はこんな感じでした。

f:id:traveljapankyoto:20180819113502j:plain

「STY:23055F0」と記載 ⇒ 製品番号は23055、販売シーズンF0。

 

(製品番号23055)

インターネット等での解析の結果、「クラシック・レトロX」で間違いありません。

 

(販売シーズンF0)

2010年製でした。Fは、FALL(秋)の略です。

「0」は、2000年か2010年製か悩みます。というのは、製品番号の「23055」を調べていると、一番古くはFA98(1998年)が見つかりました。

迷ったときは、タグの表面を見てください。

f:id:traveljapankyoto:20180819113858j:plain

このタグは2008年~2010年に使用されており、2010年で間違いないです。

まとめ

今回購入した「クラシック・レトロX」は、2010年製で16,500円でした。

現行モデルが29,160円(税込)なので、8年経過しても定価の約6割で取引されています。この価格水準を維持できるブランドは他には殆どないと思われます。

ということは、中古でも高値処分が期待できるので、新品購入してもよかったですね。これ売って新品に買い替えようかなあ・・・

そういえば、肝心の着心地は、暑すぎて着られないので、もう涼しくなったら書きたいと思います。