節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻のブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

【パタゴニア】レトロX品番をダビスタ風に解析したいと思う①

私がよく活用するブランド古着ショップやメルカリなどでパタゴニアを

探していると、種類名、製造年が明記されずに販売されている商品が多くあります。

 そのような商品の中には、販売者が種類名、製造年を知らずに販売し、相場よりも非常に安い価格で売られています。プロが販売するブランド古着ショップではあまり見つけられませんが、メルカリなどの素人販売ではよく見つけることができます。

例えば、今人気のレトロX(メンズ)の場合、カラー、状態にもよりますが、相場20,000円以上に対し、メルカリでは5,000円~10,000円位で売られていることがあります。転売しても確実に益が出せるため、即買いすべきなのですが、一瞬で買われてしまうので、躊躇わずに購入できるかがポイントです。

 とは言っても、種類名、製造年が不明記で、5,000円~10,000円の物を買うのは少々勇気がいりますが、タグを見れば、製品番号や製造年が分かるので、決断材料にすることができます。

 

そして、色々と調べているうちに、「23000番台」は、レトロシリーズの品番ではないかという仮説にたどり着き、仮説検証をしてみることにいたしました。

 

検証方法は、グーグルで「パタゴニア 23000」、「パタゴニア 23001」、「パタゴニア 23002」・・・「パタゴニア 23099」と検索。スゴイ地道な作業です。シンプルゆえにすさまじい忍耐力が要求されます。

 

しかし、この作業は私がこよなく愛したダービースタリオンに似ています。若い人は知らないかもしれませんが、90年代に大流行したゲームで、自分が競走馬のオーナーとして、競走馬を育てるゲームです(アグリキャップの恐ろしさとか知らないだろうなあ・・・)。

 

このゲームでは、競争馬誕生時に馬名を付けるのですが、馬名の一文字目で馬の強さが劇的に変化するのです。

なので、はじめに「アア」と名付け、強くなかったらリセット、次は「イイ」と名付け、という作業をエンドレスに繰り返していきます。

強い競争馬を作ろうとすると、数百、数千回のリセットを繰り返していくという、ひたすら忍耐力が問われるゲームなのです。文章で書くと、何が楽しいんだって感じですね。ダビスタで鍛え上げた忍耐力からすれば、この程度の単調作業はお手の物のはず。昔を思い出して、ひたすら頑張ってみます。結果は後日記載。

 

そういえば、大学受験直前、夜中にダビスタしていることが親にバレ、激怒りさせたなあ・・・