節約サラリーマン夫と御朱印・旅行好き妻のブログ

30代夫婦ブログです。ぼちぼち御朱印めぐりしてます。

子宮頚管の長さが伸びた?

サラリーマン(夫)です。

長年にわたり視聴している相棒がスタートし、毎週の楽しみが増えました。こんな些細なことで幸せを感じること、サラリーマンで生き抜くためには重要なスキルです。

現在、CM時間をフル活用してブログを書いています。


先日、妻の定期健診で子宮頚管長が20w6dで27mm、切迫早産の疑いが有るため、当面は絶対安静と診断されました。その後の状況を記載します。

www.japan-travel-kyoto.com

定期検診後、妻は、トイレ、食事、風呂(3日に1回)以外、ずっと寝たきりの生活を過ごしておりました。また、子宮の張りを抑えるウメテリンという薬を服用し、副作用で動悸に苦しんでおりました。本当に大変だったと思います。

そうして臨んだ翌週21w5dの検診で、なんと子宮頚管長が44mmと回復?(平均値は35mmから40mm)、医者からは、薬は継続服用しつつも、家事程度であれば行っても構わないと診断されました。本当にホッとしました。

 

夫婦間で話し合った結果、妻の体への負担を減らすため、関西の実家に里帰りし、近所の市立病院に通院することにし、22wのタイミングで帰省。

 

その後、薬の服用と安静生活を継続し、23w3dに地元関西の市立病院での検診を受けた結果、「子宮頚管長40mm以上あり、良好な状態。薬はお腹に張りが出なければ、服用しなくてよい」との診断。ここで、医者から衝撃のコメント。計測方法によっては、エコー上で短く見えてしまうタイプなのかもしれないと・・・妻・子供とも健康の可能性が高いことが分かり、本当によかったです。

 

一方で、診断内容の変わりようには釈然といたしません。思い返せば、神奈川で受けた21w5dの再検診時に子宮頚管長は44mmあったので、エコー上に頚管が写っておらず、偶然短く見えた可能性があることを認識していたように勘ぐってしまいます。命を預かる仕事である以上、保守的に診断したい気持ちは理解できますが、色々な可能性を含めて幅広く情報提供頂きたいものです。

 

子宮頚管長が短いと診断されて以降、不安な気持ちのなか、子宮頚管に関する情報を調べ、一喜一憂する日々を過ごしており、このようなケースがあることもお伝えできればと思っています。

 

なお、妻が早々と帰省してしまったため、当面独身生活となりました。一人暮らし期間が長かったので、家事は概ねできますが、食事面で苦戦しています。最寄り駅には食べる所が少なく、帰ってからご飯を作る気力もありません。どうしたものか・・・